JAバンク

投資信託

NISAってなに?
  • JAバンク 取扱いファンド基準価額一覧
  • JAバンク 取扱ファンドのタイプ別分類

税制メリットを活かして資産形成を応援!

『NISA』or『つみたてNISA』あなたはどっち派?
どちらかを選んでください。

将来必要なライフイベントの資金をコツコツ準備

将来必要なライフイベントの資金をコツコツ準備

口座開設の流れ

  • ●NISA口座は、口座開設のお申込みをいただいた後、一定期間経過後に開設されます。
  • ●他の金融機関でNISA口座を既にお持ちの場合は手続きが異なりますのでご相談ください。

口座開設の流れ

ひとり1口座です 口座は同一年において1人1口座だけ開設できます。複数の金融機関で開設はできませんのでご注意ください。
ただし、金融機関の変更は可能です。
どちらかを選択 同一年において「NISA」もしくは「つみたてNISA」のいずれかを選択する必要があります。
同時に開設することはできません。
損益通算について 課税口座では、損が出た取引と利益が出た取引を通算して利益があればそれに税金がかかる仕組みです。
NISA口座での取引は課税口座の取引と損益を通算することができません。また、損失の繰越控除はできません。

「NISA」・「つみたてNISA」についてよくあるご質問

「つみたてNISA」に関するご質問

つみたてNISAの「つみたて」とはどのような方法ですか?
あらかじめ、累積投資契約に基づき、対象の商品を指定した上で、「1ヶ月に1回」など定期的に一定金額の買い付けを行う方法です。

「NISA」・「つみたてNISA」に関するご質問

すでに保有している株式投資信託をNISA口座に移すことはできますか?
できません。NISA口座の受入れ対象となるのは、原則として新たにご購入いただく株式投資信託です。なお、NISA口座から一般口座や特定口座に移管はできます。その場合、その時の時価が取得価格になります。
非課税枠を超えた場合はどうなりますか?
非課税枠を超える部分については、課税口座(特定口座または一般口座)でのお取り扱いとなります。
非課税枠が余った場合、残りの枠を翌年以降に繰り越すことはできますか?
利用しなかった非課税枠を翌年以降に繰り越すことはできません。
いつでもNISA口座開設の手続きはできますか?
お申込みはいつでもできますが、10月1日以降に申し込まれた場合は、翌年1月以降にNISA口座が開設されます。
NISAやつみたてNISAで購入した株式投資信託はいつでも売却できますか?
いつでも売却できます。ただし、売買益を非課税とするためには、原則として、購入した年の1月から起算して、NISAの場合は5年以内、つみたてNISAの場合は20年以内に売却していただく必要があります。なお、売却してもその分を非課税枠として再利用することはできません。
NISA口座内の株式投資信託の収益分配金を再投資する場合はどうなりますか?
その年の投資額が非課税枠に達するまでは、収益分配金による再投資はNISA、つみたてNISAで、非課税枠に達したあとは課税口座でのお取り扱いとなります。ただし、NISAからつみたてNISAへの受入れはできません。(その逆も同じです)なお、元本払戻金(特別分配金)はそもそも非課税ですので、NISAの非課税のメリットはありません。
現在、NISAを利用していますが、つみたてNISAに変更することはできますか?
NISAからつみたてNISAへの変更手続きをすることは可能です。ただし、その年においてNISAで買い付けを行っていた場合には、その年中はつみたてNISAへ変更することはできません。つみたてNISAからNISAへの変更も同様です。
  • JAバンク 取扱いファンド基準価額一覧
  • JAバンク 取扱ファンドのタイプ別分類

≪NISA(少額投資非課税制度)、つみたてNISAに関してご留意いただきたい事項≫
●NISA口座や課税口座の開設に関する最終的な判断は、お客さまご自身で行っていただきますようお願いします。●当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成していますが、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。●当資料は、平成29年11月1日時点で公布されている税法等に基づいて作成していますが、今後の税制改正等により、当資料の記載事項と内容が変わる可能性があります。●具体的な税法上の取り扱い等につきましては、税理士や税務署等にご相談ください。●基準経過日における氏名・住所の確認が必要になります。

≪投資信託に関してご留意いただきたい事項≫
●投資信託は預貯金とは異なり、元本の保証はありません。●投資信託は預金保険・貯金保険の対象ではありません。●JAバンクが取り扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。●JAバンクは投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用は投資信託会社が行います。●投資信託は国内外の有価証券等で運用されるため、信託財産に組み入れられた株式・債券・REIT等の値動きや為替変動に伴うリスクがあります。このため、投資信託資産の価値が投資元本を下回るリスク等は、投資信託の購入者に帰属します。詳しくは、契約締結前交付書面、投資信託説明書(交付目論見書)でご確認ください。●投資信託の運用による利益および損失は、投資信託の購入者に帰属します。●一部の投資信託には、特定日にしか換金できないものがあります。●投資信託の購入から換金・償還までの間に、直接または間接的にご負担いただく代表的な費用等には次のものがあります。購入時:申込手数料がかかるファンドがあります。運用期間中:運用管理費用(信託報酬・管理報酬等)が日々信託財産から差し引かれます。換金時:信託財産留保額がかかるファンドがあります。また、外貨に両替して購入・換金するファンドには、上記の各種手数料等とは別に為替手数料がかかります。なお、これらの手数料等はファンド・購入金額等により異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。各投資信託の手数料等の詳細は契約締結前交付書面、投資信託説明書(交付目論見書)でご確認ください。●お申込みにあたっては、契約締結前交付書面、投資信託説明書(交付目論見書)を十分お読みいただき、内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

  • この情報は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。又、当社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。
  • 著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
  • なお、「NISA(少額投資非課税制度)ってなに?」は、トッパン・フォームズ株式会社により提供されています。

提供: モーニングスター

サービスに関するお問い合わせやお申し込みはお近くのJAまでお気軽にどうぞ。取扱いJA・信連一覧

PAGE TOP