ファイナンストップNISA(少額投資非課税制度) > ゴルディロックスとは? 〜ゴルディロックス経済の中で「ゆでガエル」にならないために〜(FPコラム)

FPコラム

ゴルディロックスとは? 〜ゴルディロックス経済の中で「ゆでガエル」にならないために〜(阿部重利)

2018-02-23

 今年初めに経済展望セミナーを数回開催致しました。それを聞いて頂いた方はおわかりかと思いますが、「ゴルディロックス経済」について解説し、また警鐘も鳴らさせて頂きました。

 さて、「ゴルディロックス」とは、イギリスの童話に由来する言葉です。いたずら好きの「ゴルディロックス」」という名の少女は、熊の家に忍び込み「熱すぎず冷たすぎない適温の」スープにありつきます。そこから転じて、世界経済が過熱せず冷めすぎてもいない状況のことを、少女の名前をとって「ゴルディロックス」というのです。いわゆる、「熱すぎず、冷たすぎず」、「インフレでもなければデフレに陥ってもいない」といった、「程良い適温状態」のこととも言えるでしょう。

 一般的に、昨年(2017年)の世界経済やマーケットは「ゴルディロックス」下にあったと言われます。確かに、投資家のリスク選好を損なう程の悪さでもなく、景気の緩やかな回復と金余りや企業業績の回復などへの期待が同居していた感はあります。しかし、適温状態というものは永遠に続くものではありません。

 筆者は、この先もっと温度が上がったり、あるいは急に冷え込んでしまったりということに備える必要があると考えており、それを年初のセミナーでも言及させて頂いたのです。「熱くもなく冷たくもなく」というのは、ある意味「ぬるま湯」的とも言えます。

 そんな「ぬるま湯」の中にカエルを入れた場合、徐々に温度が上がっていくと、カエルはその温度変化に慣れていき、生命の危機と気づかないうちにゆであがって死んでしまうといいます。

 そういう意味では、資産運用においても、ビジネスシーンや経営においても、現在のように「ゴルディロックス」などと言われるような環境時こそ、ゆっくりと進行する危機や環境変化に敏感になっていたいものです。「ゆでガエル」にならないために。

阿部 重利

【あべ しげとし】

経済産業省認定 経営革新等支援機関 ヒューマネコンサルティング株式会社
代表取締役

保有資格:
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ、CFP(R)、金融知力普及協会認定金融知力インストラクタ−、DCアドバイザー、年金・退職金総合アドバイザー、心理カウンセラー、ワークライフバランスコンサルタント

金融機関での実務経験を生かし、経営顧問・コンサルティング活動の傍ら、全国各地で講演会をはじめ、年約150本の企業研修、講演会、セミナー、などを精力的にこなしている。そのパワフルでユーモア感のある語り口と説得力は各方面から好評を得ており、これまでコンサルティングや研修、講演を受けた企業人の知識やモチベーション・スキルアップに大きく貢献している。
著作に、『危機感≠フない人にチャンスは来ない!―トランプ大統領周辺ニュースにも今更驚かない! 目からウロコの経営・資産運用発想法』(セルバ出版)、『実践 ワーク・ライフ・ハピネス2〜成功する会社は仕事が楽しい〜』(万来舎)、『働き方が変わる!会社が変わる! 実践ワーク・ライフ・ハピネス』(万来舎)、『コモディティ投資入門』(アスペクト社)、ほか、『フィナンシャル・アドバイザー』誌(近代セールス社)、『ファイナンシャル・プラン』誌(きんざい)等多数。

ヒューマネコンサルティング株式会社ホームページはこちら

FPコラム一覧