ファイナンストップNISA(少額投資非課税制度) > NISAってどれだけお得?

NISAって何?

NISAってどれだけお得?

本来20%の税金がゼロ!

国内株式

①配当金と値上がり益、どちらも非課税、上限なし!

株式では、配当金と譲渡益が非課税となります。例えば、100万円で国内株式に投資したとします。毎年3万円の配当金を受け取り、5年後に140万円で売却した場合、5年分の配当金15万円、売却益40万円、合わせて55万円の収益が非課税となります。通常なら約11万円の税額となりますので、かなりお得といえるでしょう。

ただし配当金は証券会社経由で支払われるもののみが非課税対象となりますので、「株式数比例配分方式」で受け取るようにしてください。また、株主優待も通常通り受け取ることができます。

国内株式の例

国内株式の例

出所:モーニングスター

投資信託

毎月分配型なら、分配金を非課税で毎月受け取れる

投資信託では、分配金と譲渡益が非課税となります。例えば、100万円で毎月分配型投資信託に投資し、毎月6000円強、年間で8万円の分配金を受け取ったとします。5年間持ち続ければ、分配金40万円を非課税で受け取ったことになります。通常なら税額が約8万円になりますので、お得です。

ただし、分配金の中でも、特別分配金(元本払戻金)はもともと非課税ですので、NISAの課税メリットはありません。また、運用状況によっては分配金が支払われないこともありますので、ファンド選びは慎重に行いましょう。

毎月分配型投資信託の例

毎月分配型投資信託の例

出所:モーニングスター

投信積み立て

初心者向けの投信積み立て、毎月コツコツ、非課税枠をフル活用

毎月決まった額の投信を購入する投信積み立ては、NISAとの相性がとてもよいです。例えば、月々の購入額を8万円にしておけば、年間96万円の投資となり、非課税枠100万円をできる限り活かすことができます。無理のない範囲で金額を決め、自動で買い付けてくれる仕組みを利用すれば、買い忘れることもなく投資初心者にもおすすめです。

例えば、ある投信を月々3万円ずつ積み立てていったとします。5年間で投資額180万円、基準価額の値上がりがあったので、約253万円になりました。73万円の譲渡益は非課税なので、一般口座に比べて14.8万円得したことになります。

投信積立の例

投信積立の例

出所:モーニングスター