ファイナンストップNISA(少額投資非課税制度) > あなたにあった商品とは?

あなたにあった商品とは?

あなたにあった商品とは?

投資商品の選択肢の多さもNISAの魅力!
特徴を把握して確実に運用しましょう!

積極型?低リスク型?すぐ分かる  あなたの投資スタイルチェック!
株か投資信託か、ニーズに合わせて選びましょう!

NISAでは株と投資信託(投信)が主な投資対象になりますが、それぞれメリット・デメリットがあります。投資家が自らの投資判断で銘柄選択を行う個別株はNISAで投資デビューする方にとって敷居が高いかもしれません。その点、プロに運用を任せる投信は日経平均株価に連動する商品など初心者でも分かりやすい商品も多く、簡単に始められます。その他にも、株と投信には以下のようなメリット・デメリットがあります。

  メリット デメリット
・株は投信に比べて一般的に取引コストが低いので、その分だけ収益を上げやすい
・配当金も非課税で受け取ることができるので、配当性向の高い銘柄を選ぶとメリットが大きい
・単元が100万円を超える株は購入できない
・NISAでは売却しても空いた枠の再利用ができないので、短期で売買を繰り返すのには向いていない(長期的にじっくりと保有できる銘柄を探すのがよい)
投信 ・少額投資が可能なため、100万円の枠をギリギリまで使いやすい
・指数に連動するインデックス型、複数の資産を組み入れたバランス型、ベンチマークを上回るリターンを目指すアクティブ型など、さまざまなタイプから選ぶことができる
・商品によっては販売手数料や信託報酬が高いものもあるので要注意
・5年の非課税期間を活かすには、信託期間の長いものか無期限のものを選ぶ必要

出所:モーニングスター

投資スタイルを考えよう! 投信は一括投資か積立か?

また、株か投信かの選択以外に、投資方法について大きく分けて一括投資と積立投資という2種類があります。100万円といったまとまった金額で一度に購入するのが一括投資。1万円など一定の金額で毎月買い増していくのが積み立てです。投資初心者の方にとっては、投資タイミングを決めることなく、コツコツ買い増していける積み立てが簡単です。それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。

  メリット デメリット
一括投資 ・買った後にうまく値上がりしてくれれば、大きな利益が見込める
・購入のタイミングをしっかりと見極めできる経験者や、値上がりする確実性の高い局面向き
・値下がりして大きな含み損を抱えるリスク
・投資のタイミングが難しい
積立投資 ・少額で始めることができて、自動で積み立てるサービスを利用すれば買い忘れもない
・あまり値動きを細かくチェックしない人や、買うタイミングの見極めに自信のない人、貯蓄代わりにコツコツ投資したい人にオススメ
・最終的に値上がりが見込めない資産ではいくら割安なときに積み立てで多く買っても意味がない(株式の上場廃止など)

出所:モーニングスター

積み立て投資のメリットについてもう少し詳しく説明しましょう。例えば、投信を毎月8万円ずつ購入すれば、年間96万円の積立額になります。基準価額が上がれば購入できる口数が減り、下がれば購入できる口数が増えます。つまり、購入価格を平準化することで高値づかみを避ける一方で、割安なときに多く買うことができるのです。