ファンド情報

グローイング台湾株式ファンド

運用会社: 三井住友DSアセットマネジメント株式会社

※リンクはすべて三井住友DSアセットマネジメント株式会社のサイトを別ウィンドウで開きます。

  • 概要
  • 評価情報
名称
グローイング台湾株式ファンド
運用会社
三井住友DSアセットマネジメント株式会社
商品分類
追加型投信/海外/株式
ファンドの目的
  • 台湾の株式等に投資することにより、信託財産の中長期的な成長を目指します。
主な投資対象
  • 台湾株マザーファンドへの投資を通じて、台湾の取引所に上場している株式、および世界各国・地域の取引所に上場している台湾関連企業の株式(預託証書(DR)を含みます。)に投資します。
主な投資制限
  • 株式への実質投資割合には、制限を設けません。
  • 同一銘柄の株式への実質投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の20%以下とします。
  • 外貨建資産への実質投資割合には、制限を設けません。
主な価格変動リスク
  • 株式市場リスク
  • 為替変動リスク
  • 信用リスク
  • カントリーリスク
  • 市場流動性リスク
信託期間
2022年9月15日まで(2012年11月9日設定)
決算日
毎年3月および9月の15日(休業日の場合は翌営業日)
収益分配
年2回(原則として3月および9月の15日。休業日の場合は翌営業日)決算を行い、以下の方針に基づき分配を行います。ただし、委託会社の判断により分配を行わない場合もあるため、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。
 ○分配対象額は、経費控除後の利子、配当等収益と売買益(評価損益を含みます。)等の範囲内とします。
 ○収益分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。
申込単位
10,000円以上1円単位(自動積立投資に係るものについては、1,000円以上1,000円単位)
買付価格
購入申込受付日の翌営業日の基準価額
購入時手数料(申込手数料)
  • ゆうちょダイレクト(ダイレクトサービス)によりお申込みの場合 :
  • 取得申込金額が
  •  5百万円未満 2.64% (税抜き 2.4%)
  •  5百万円以上 2.42% (税抜き 2.2%)
  •  1千万円以上 2.09% (税抜き 1.9%)
  •  5千万円以上 1.54% (税抜き 1.4%)
換金単位
1円単位
換金価格
換金申込受付日の翌営業日の基準価額から信託財産留保額(0.3%)を差し引いた価額
信託財産留保額
換金申込受付日の翌営業日の基準価額に対して0.3%を乗じて得た額
運用管理費用(信託報酬)
  • 年率1.661%(税抜き 年率1.51%)
  • 当コンテンツは、情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で作成したものではありません。
  • 当コンテンツに掲載されている情報によって、何らかの損害を被った場合でも、株式会社ゆうちょ銀行は一切責任を負うものではありません。
  • 投資対象、投資機会の選択などの投資に係る最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • 当コンテンツに掲載されている内容に関しては、万全を期しておりますが、株式会社ゆうちょ銀行はその内容および情報の正確性、完全性または適時性について保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
  • 当コンテンツに掲載されている内容は、予告なく変更することがあります。
  • このページの情報はモーニングスター株式会社から提供されています。モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びに Morningstar,inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
投資信託に関するリスク
  • 一般的に投資信託は、国内外の債券や株式等を投資対象にしますので、組み入れた債券・株式の価格変動、発行会社の倒産や為替の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
投資信託に関する手数料等
  • 投資信託のご購入、換金等にあたっては各種手数料等(購入時手数料(申込手数料)、運用管理費(信託報酬)、信託財産留保額等)が必要となります。また、その他費用として監査報酬、有価証券売買手数料、組入れ資産の保管費用等がかかります。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。これらの手数料等は各投資信託およびその購入金額等により異なるため、具体的な金額・計算方法を表示することはできません。
投資信託に関する留意事項
  • 投資信託は預金・貯金ではありません。
  • 日本郵便株式会社は、株式会社ゆうちょ銀行から委託を受けて、投資信託の申し込みの媒介(金融商品仲介行為)を行います。日本郵便株式会社は金融商品仲介行為に関して、株式会社ゆうちょ銀行の代理権を有していないとともに、お客さまから金銭もしくは有価証券をお預かりしません。
  • 当資料は金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。投資信託取得の申し込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)をお渡ししますので必ず内容をご確認のうえご自身でご判断ください。
  • 投資信託説明書(交付目論見書)はゆうちょ銀行各店または投資信託取扱郵便局の投資信託窓口にて用意しております。ただし、インターネット専用ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)はインターネットによる電子交付となります。

商号等 株式会社ゆうちょ銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第611号 加入協会 日本証券業協会
日本郵便株式会社 金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第325号

ページの先頭へ戻る