なぜ、投資信託なの?

投資信託は預金や株とどう違うの?

 投資信託にはたくさんの種類がありますが、預金や株式と比べると決定的に違う点がいくつかあります。このような特徴を抑えておくと、投資信託とは何かがわかってきます。預金や株式との違いをあげてみましょう。投資信託の特徴をつかんでみて下さい。

預金と違うところ
・預金は元本保証ですが、投資信託は元本が保証されていません。
・預金は利回りがあらかじめ確定していますが、投資信託は運用成果によって収益が変動します。
・預金は銀行のみしか扱っていませんが、投資信託は銀行以外にも証券会社、郵便局、生命保険会社などでも扱っています。
株式と違うところ
・株式を買うにはある程度のお金が必要となりますが、投資信託は小口の金額で買うことができます。
・投資信託は株式だけでなく債券にも振り分けて買うことができ、安全性を高めることができます。
・株式はみなさん個人で銘柄の選択をしたり、売り買いのタイミングを見極めなければなりませんが、投資信託では専門家に運用の全てを任せることができます。
・株式はどこの証券会社でも品揃えが同じですが、投資信託は販売会社によって品揃えがさまざまです。

ビギナーのための投資講座


 投資信託は元本が保証されていませんが、様々な種類が用意された優れた金融商品です。なかには株式に比べ安定運用に配慮しつつ、高い収益が期待されるタイプや、毎月分配金の出るタイプなどもあります。


Feature & Column 特集&コラム
  • 特集&コラム読み込み中です

PR

このページのTOPへ